FC2ブログ

カテゴリ:記事 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

おしっこ飲んじゃうコスプレイヤー lenfriedがロリ可愛い

0_20131031164124bd5.jpg
おしっこ飲んじゃうコスプレイヤー lenfriedがロリ可愛い
続きを読む

ロリ女優期待の星、神田るみの貧乳&無毛なヌード

女性のオカズ 「かわいい後輩を“ダメな子ね”といじめる想像」

3_20121008150353.jpg


男性の「オナニーネタ」といえばAVか写真集が中心だが、

女性の多くはオナニーに「映像」を必要としない。


1_20121008150313.jpg

2_20121008150313.jpg


女性が自慰行為の際にイメージするのは、

「夫や恋人」など自分の身近な男性や、

官能小説など活字媒体のほうが多いのである。


3_20121008150313.jpg

4_20121008150312.jpg


女性3000人を対象に行ったアンケートにも、生々しい声が寄せられている。


6_20121008150312.jpg


「セックスそのものより、セックスに至る過程のドラマを想像するほうが興奮する。
だから、ストーリーのある小説のほうが、のめり込みやすい」(41歳・主婦)


5_20121008150312.jpg

7_20121008150333.jpg


「“カッコいい上司に無理矢理いい寄られて”とか、
カワイイ新入社員を“ダメな子ね”ってイジメたりとか……。
けっこう身近な人で、エッチな想像をしてます」(27歳・OL)
 
8_20121008150333.jpg


視覚で興奮する男性に対して、ストーリーで興奮する女性。

男性では視覚情報を処理する右脳が優位に働くのに対し、

女性は論理的思考や言語中枢を担う左脳のほうが優位に働くためだ。

9_20121008150333.jpg

10_20121008150333.jpg





男女の営み 「目隠しプレー」が燃える理由を医師が説明

2_20121004184120.jpg

女性の脳や感覚器は、男性のものとは大きく異なるため、

思いもよらぬ刺激に反応したり、驚くような感じ方をする。

セックスにおいて最も多用する器官である「目」にこそ、

男女差が一番大きく現われる。


1_20121004183824.jpg

2_20121004183824.jpg


「いつもより触られた時の感度が増す」(20代・OL)

など、多くの女性が「興奮する!」と口をそろえるのが、ソフトSMによくある「目隠しプレー」だ。


3_20121004183823.jpg

4_20121004183823.jpg


「目隠しプレー」が感じる理由とは何なのか。

神経内科医で、『男が学ぶ「女脳」の医学』(筑摩書房刊)などの著書がある米山公啓医師がいう。


5_20121004183823.jpg

6_20121004183823.jpg



「人間は通常、視覚情報に80%も頼って生活しています。そのため、

 視覚情報をシャットアウトしてしまうと、それまで20%しか使っていなかった

 ほかの感覚をフルに駆使しなければならなくなる。


7_20121004183856.jpg

8_20121004183856.jpg


 
 普段使われない他の五感が目覚めて敏感になり、
 
 脳にとっては新鮮な刺激になって快感物質のドーパミンも出やすくなるのです。

 セックスのとき、男性はもっぱら視覚優位の右脳一辺倒で行為に集中しますが、

 女性のほうは左右両方の脳を使っているため、実はなかなか集中できない。

 なので、多くの入力情報源である視覚を遮断することで、“感じる”ことに集中できる」


9_20121004183856.jpg

10_20121004183856.jpg

13_20121004183855.jpg



近年では、さらに聴覚も遮断する「耳栓」の使用も増えているという。



趣味はオナニーという女性が増えている

ef258300-s.jpg

0_20121002180636.jpg

「オナニーは毎日の歯磨き習慣のようなもの」(寛子さん・仮名・40歳)、

1_20121002180635.jpg

「セックスとは別。性欲を満たすというより、ご馳走を食べに行く趣味活動みたいな」
(唯さん・仮名・28歳)

と生活の一部になっている声が多いなか、何らかの目的を持って事に及ぶ人たちもいた。

由香さん(仮名・27歳)はダイエットのために一日10回のノルマを課している。


2_20121002180635.jpg

「調べたところ一回で30kcal消費するらしいので、一日10回以上、計300kcalの消費で、

1か月で1.5kg痩せることを目指して続けています。

朝1回、昼は職場のトイレで1回、夜はお風呂で4回、 寝る前に4回。

ついやり忘れて夜中に布団の中でせっせとオナニーに励むはめになることもあります……」


3_20121002180635.jpg

「眠れない夜のおまじないとして」(実夕さん・仮名・28歳)、

4_20121002180635.jpg

逆に「朝すると血の巡りがよくなって目が覚める」(まどかさん・仮名・24歳)という人もいた。


また、手法の開発に余念がない人も多い。


6c7b4e3f-s.jpg

「ローターやバイブはすぐ断線する」そうなのだが、
「なめこでクリを刺激すると、ぬるぬる感が最高です。

器具の故障に悩む人にぜひオススメしたい」と有紀さん(仮名・29歳)は熱弁する。

http://nikkan-spa.jp/286792

ef258300-s.jpg

d5c4a2b7-s.jpg

「イケない女は男の愛撫の仕方に問題あり」と断言

6_20120928174929.jpg


産婦人科医・宋美玄医師によると、「刺激された場所」によって、

得られるオーガズムにも違いがあるという。

そして「女性のオーガズムの正体」に深く切り込む。


1_20120928174546.jpg

「女性は皆オーガズムを感じられるんか」ということについて考えてみたいと思います。

実は、女性に「オーガズムを経験したことがありますか」という質問をすると、

「ある」「ない」という回答に混じって、

かなり高いパーセンテージで「わからない」という回答が返ってきます。

2_20120928174545.jpg

私の監修のもと、昨年『週刊ポスト』で実施した「女性3000人アンケート」でも、

7.7%の女性が「わからない」と答えています。

3_20120928174545.jpg

そんな女性たちには残念な事実をお伝えしないといけないんですが、

「イッたかどうか判断できへん女性は、確実にイッたことがない」ということです。

4_20120928174545.jpg

なんでここまでキッパリと断言できるかといいますと、

オーガズムを一度でも体験すれば、「これがイクってことなんや」と

ハッキリ実感できるもんやからです。

それほど疑いようもない強烈な快感が、オーガズムにはあるんです。

5_20120928174545.jpg

最新の性医学では、絶頂に至らないことは「オーガズム障害」と呼ばれています。

つまり、ほとんどの女性はイケる可能性を秘めているんです。

6_20120928174544.jpg

どうしても絶頂を体験できないとすれば、それは経験が浅いんか、

気持ちの上で何か不安な要素があるのんか。

おそらくは、耳が痛い話かもしれませんけど、

パートナーである男性の愛撫に問題があるんです。

7_20120928174559.jpg


75%の女性がオナニー経験者 26歳OL「SEX直後にもやる」

1_20120926180633.jpg


男性はオナニーネタで大いに盛り上がれるが、

女性同士ではその手の話題はタブーとされがち。

しかし女性も、決してオナニーをしていないわけではない。

女性3000人を対象に行ったアンケートによれば、

オナニー経験者は、75.2%。

実に4人に3人の女性がオナニーに興じているのである。



主なオナニー方法としては、「指で刺激する」が最も多く76.4%。

1_20120926180459.jpg


次いで「ローターなどの道具を使って」が13%、

4_20120926180459.jpg


「固いものに局部を押しつける」が6.5%と続く。

10_20120926180458.jpg


また、初体験より早くオナニーをしていた女性は72.3%。

9_20120926180458.jpg


男性だけでなく、

女性だって性行為よりオナニーとの付き合いのほうが長いのである。

「オナニーでは、“イク”って感じられるけど、セックスでは感じたことがない。

だから、彼とセックスした直後でもオナニーすることはある。

自分で触ったほうが、感じるポイントを外さないし」(26歳・OL)


5_20120926180458.jpg


男性とのセックスの不満をオナニーにぶつける女性は多いようだ。

3_20120926180458.jpg


『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』
(ブックマン社刊)の著書がある産婦人科医・宋美玄氏がいう。

「女性の場合、マスターベーションの際に愛撫する場所として

“クリトリス派”が“膣派”を大きく上回ります。

生まれて初めて得た性的快感はクリトリスによるものだという女性が大半なのです。


8_20120926180549.jpg


繰り返しになりますが、つまるところ、

女性をオーガズムに導くにはクリトリスの愛撫が肝要ということです」







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。